素晴らしき風俗遊び

摂理というよりも本能

よく「自然の摂理」という言葉を聞きますけど、言葉の意味は何となく分かります。でも、正しくは分かりません。もしかしたら重要なことなのかもしれないんですけど、自分はよく分からないんです。「男が風俗を好きになるのは自然の摂理」とか聞きますけど、自分はここまで小難しいことはよく分かりませんが、取り敢えず一つだけ言えるのは風俗は楽しいし、自分の本能が求める時もあるので、それだけとっても重要なものだってことですよね(笑)むしろその気持ちがあるからこそ、風俗への思いはいつも高まっているんです。もちろん常日頃から性欲がマックスな訳ではないんですけど、抜きたいなって思った時に風俗での時間をどうするのかってことは絶対に脳裏をよぎることなんです。それくらい、自分の中で風俗の存在感が際立っているってことですね(笑)風俗が好きになるのは自然の摂理なのかはよく分かりませんけど、自分の場合は「本能」と言っても良いのかなって。

風俗、かなり面白いと気付きました!

風俗はかなり面白い世界だなってことに気付きました。あまりのめり込む前は、面白いとかじゃなくて、気持ち良さを求めて楽しむものだって思っていたんですよね。でもそうじゃないなと。気持ち良さもありますけど、でもそれだけじゃないのが風俗の世界だなって。そして、その比率はジャンルによって変わるじゃないですか。例えばソープならそれこそいろいろなことを楽しめますし、女の子とまったりとした時間を楽しむことだって出来るじゃないですか。逆にピンサロなら本当にその場だけというか、快感重視でコンパクトに楽しめるんです。自分が何を求めているのかによって、選ぶべき風俗を変えれば良いって話ですもんね。しかもあくまでも自分主導で楽しめるじゃないですか。それが何気にありがたいよなって思っているんですよ。だからこそ、風俗は快感だけじゃなく、面白さもある世界なんだなってことに自分でも気付くようになってきたんですよね。だからこれからも楽しみたいですね。