素晴らしき風俗遊び

濡れ具合よりも大切なのは感度

風俗嬢を攻めるのが好きなので、基本的にガンガン攻める側に回るんですけど、大切なのは濡れっぷりじゃないんです。むしろ濡れっぷりに関しては、自分自身そこまで意識していないんです。なぜなら濡れやすいとしても感度はまた別問題だからです。やっぱり感度なんですよね。感度の良い方が攻める側としては燃えるんですよ。濡れないか濡れやすいかなら濡れやすい方が良いですけど、でも感度が良ければそれだけで勝手に濡れているというか、そんなに意識するような部分ではないんですよね。それに、感度が良い方が男としてのモチベーションが高まります(笑)だから風俗で何よりも大切なのは感度だろうって思いますね。敏感な風俗嬢とか大好物なので、微乳も結構いいんですよね。微乳風俗嬢の場合、乳首の感度という点では文句なしですしね。あの感度の良さを一度味わうと、それまでの巨乳への興味が一気に微乳に向くと言っても大げさではないくらい衝撃的なんですよね。

握手会の後の風俗がいいんです

個人的な子のみですけど、アイドルの握手会に行った後の風俗。これが最高なんですよ。そして、出来ればアイドルにちょっとでも良いので似ている女の子とか最高ですよね(笑)何となくでいいんです。物凄くそっくりってことじゃなく、本当に何となく似ていれば、それだけでこっちのイマジネーションも膨らむじゃないですか。さっき握手した相手にいろいろなことを楽しませてもらっているかのような気持ちになれるんです。それだけでも嬉しいものですよね(笑)それに、相手をしているのはアイドルではなくて風俗嬢なんです。だから握手以上のことも当たり前ですけどしてくれるし、それによってこっちの満足度だって変わってくるじゃないですか。そこが溜まらないんですよ(笑)だって普通に考えたら、なかなか出来ないというか、むしろ自分の男としての実力ではモノに出来ないような女の子とたくさん遊べるだけじゃなく、いろいろなことをして楽しめちゃうんですしね。